美味しいチーズの楽しみ方

200f537bd7b6369b26953ee4abced9ec_sピザやグラタン、ティラミスなど。チーズを使った美味しい料理はたくさんありますね。
チーズは様々な料理に欠かせない存在。
フランスやイタリアにとってのチーズは無くてはらない食材です。
今回は、そんなチーズの楽しみ方をご紹介します。

◇チーズの魅力

チーズには牛乳の約10倍の栄養素が凝縮されており、特にナチュラルチーズは「白い肉」という別名があるほど、良質なたんぱく質 を含んでいます。
また、チーズの脂肪は細かい球状になっているので燃焼 しやすく、脂質は艶やかな髪や肌を作るのに欠かせない物質。しかも脂質は腹持ちがいいので、ダイエット中のおやつにはチーズがぴったりです。

お子様からお年寄りまで安心して手軽に食べられ、さらに妊娠中や授乳期のお母様にもお勧めです。
野菜や果物と一緒に食べると、チーズが不足しているビタミンCと植物繊維、鉄分を補うことができます。
チーズには多くの栄養が含まれていて、美容にもよいチーズ。まさに女性の味方ですね。

◇チーズとワインの相性の基本

79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_sワインと食事の調和をフランス語で「マリアージュ」といいます。マリアージュとは”結婚”という意味。とてもロマンチックですよね。
フランスでは、「ワインの最良の友はチーズをおいて他にない」といわれているほどです。
また、チーズとワインの相性の5大原則を覚えておくと、より美味しく味わうことができます。

 

 

1.原産地は同じものを選ぶ

同じ原産地のもの、もしくはより近い地方の産地のものを合わせると、だいたいは「ハズレ」がありません。

口の中で一緒に味わうチーズとワインなので相性がとても大切になります。
2.チーズには”赤ワイン”がよく合う

もしもどれか1本を選ぶ場合は、フルーティな赤ワインを選ぶとよいでしょう。

もちろんチーズによっては白ワインやロゼの方が合うものもありますが、どちらかと言えばチーズには赤ワインが合わせやすいと言われています。
3.銘醸ワインに過熟のチーズは避ける

過熟したチーズや匂いの強いチーズは、あまりワインと合いません。デリケートな香り(ブーケ)を持つ銘醸ワインには、そのブーケを損なわないようなチーズを選ぶとよいです。

4.塩味の強いチーズ×酸味のあるワイン

酸味のあるチーズには、酸味のあるワインや甘口のワインと合わせて飲むとおいしいです。例えば青カビタイプのチーズのように塩味の強いチーズに合わせると、塩味をまろやかにしてくれます。

5.脂肪分の高いチーズ×渋みのあるワイン

ef186a3a5b2109272b60f906278fbfbe_s乳脂肪分の高いチーズには、渋みのある赤ワインがおすすめです。例えば、サン・タンドレのようなクリーミーなチーズの味わいを赤ワインがよりいっそう引き立ててくれます。

 

 

xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx

いかがでしたでしょうか。
ひとことに”チーズ”と言っても、様々な種類があり、いろいろな楽しみ方ができますね。
この機会にいろいろなチーズとワインの組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中