ベストな入浴法

みなさん、正しい入浴方法はご存じですか?

私もまったく知らなかったので偉そうには言えませんが・・・(笑)

学生の頃は、湯船に入らないでシャワーだけで済ませていたり、暑くて湯船に長くいられなかったり…

そんな経験もきっとあると思います。

そこで、ベストな入浴方法をご紹介します!

<入浴前>ノンカロリー、ノンカフェイン、ミネラル入り飲料を200ml~300ml飲む

1回の入浴で約800mlの水分が体から抜けるため、脱水症状や浴室熱中症を防ぐためには水分とミネラルを補給することが重要なんです。

ミネラル入りむぎ茶は水分とミネラルを手軽に補給できるうえ、血流改善効果や血圧低下作用など、健康効果も報告されているので、浴室熱中症や血栓対策飲料としてオススメです。

<入浴中>40℃のお湯に5分程度、しっかり肩まで浸かる。

汗をかいているので、湯船でノンカロリー、ノンカフェイン、ミネラル入り飲料を飲む。40℃程度のぬるめの温度は副交感神経が刺激され、心身ともにリラックスさせる効果があり、血圧が下がるなど効果的です。お湯に浸かる時間は全体で10~15分でOK

汗をかいているので、湯船でノンカロリー、ノンカフェイン、ミネラル入り飲料を飲む。40℃程度のぬるめの温度は副交感神経が刺激され、心身ともにリラックスさせる効果があり、血圧が下がるなど効果的です。お湯に浸かる時間は全体で10~15分でOK!

お風呂に浸かることで得られる温熱効果によって、血液の流れがよくなり冷えの改善、新陳代謝が活発になることで老廃物の排出、さらに水圧による足のむくみの解消など、健康に効果が期待できます。

<入浴中②>体や髪の毛を洗って、再度5分程度お湯に浸かる。

お湯に浸かると皮脂や古くなった角層が浮いて汚れが落ちやすくなります。体を洗う時は、ゴシゴシこすってはだめです。乾燥を防ぐためには、石鹸を泡立てて、手で軽くなでる程度がオススメ。

<入浴後>体をふいて10分以内に保湿する。

入浴後は、急激に皮膚の水分量が減るので、10分以内に保湿をすることを推奨します。また、失った水分・ミネラルを補給するため、ミネラル入りむぎ茶などを200mlほど飲むようにしましょう。

いかがですか?

なかなかここまでの時間を取るのは難しいときもあるかと思います。

よかったら、お仕事がお休みの日や自分にご褒美の日にやってみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中