今更聞けない?サスティナビリティについて

こんにちは。近年よく耳にするようになった

「サスティナブル」「サスティナビリティ」という言葉。

中々意味を考えることなく使ったり聞いたりしていた私なのですが、

ここでサスティナブル(サスティナビリティ)とはなんぞや?

と紐解いていきたいと思います。

まず言葉の意味は、持続可能性と直訳されます。

意味は、自然環境や人間社会が長期にわたって機能やシステムを失わず、

良好な状態を維持していこうという意味だそうです。

中でもテーマとして上げられるものが主に3つあり

「環境」「社会」「経済」の3つです。

その中から「環境」について掘り下げていきたいと思います!

(主に自然環境についてです)

経済の発展により、豊かな生活を送れている反面、海洋プラスチックの問題、

自動車の排気ガスや工場から排出される環境汚染物質による水や大気、土壌の汚染。

世界人口の急増、動物の皮製品や毛の製品の流通などなど。

上げ始めると枚挙に糸目がないのですが、色々あります。

そんな中いち早くそこに目を向け、製品作りにサスティナビリティを取り入れたのが

イギリスのファッションブランド「ステラマッカートニー」です。

もしかすると「そのイメージあります!」という方も多いかもしれません。

それもその筈で、ブランド創設当時からサスティナブルな製品を提供しており、

レザーの代替品として、ポリエステルやポリウレタンを原料とした合成素材の使用や、

リサイクル素材の使用。そして生産工程の廃材を使用した再生カシミア「Re.Verso™」の使用など、

ファッション業界のサスティナブルをけん引する存在です。

再生カシミヤまで作ってしまうのは徹底していて凄いな、と考えさせられますし

何か自分にご褒美を買おう、と思うときにはステラマッカートニーを買うぞ!

と単純な私は思っちゃいました。

また、2015年に国連で採択されたSDGsは「持続可能な開発目標」という意味で、

貧困や環境問題、不平等などについて、17の目標を2030年までに

達成することを目指しているということで、今後ステラマッカートニーのように

SDGsに賛同してサステナビリティへの取り組みを始めるブランドや企業も

さらに増えてくるかもしれないですね。

今回の記事は「サスティナビリティ」「サスティナブル」を取り上げさせて

いただきました。今後買い物をする際など意識してサスティナブルな商品をみんなが

手に取っていくとSDGsは達成できるのかもしれないですね。

ご拝読ありがとうございました!♡

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中