ドライヤーで美髪チャレンジ!

みなさんこんにちは!
こちらでは髪の毛の乾かし方についてご紹介したいとおもいます!

みなさんは普段どんなふうに乾かしていますか?

・タオル
・ドライヤー
・ブラシ
・コーム
・マジックカーラー etc…

髪の毛を乾かすだけでも色々な道具を使いますよね。
美容師さんのように巧みに使うのにはかなりの努力が必要…

そんな努力をするくらいなら他のところに気を配ってあげたいですよね!

そこでポイントアドバイス!

道具を使わない方法、使う方法、乾かす時にここを注意すればいつもより髪の毛に艶が出る…!?をご紹介します。

①乾かす前に

必ず櫛で梳かしましょう!

絡まったままだと痛みの原因になります。
髪の毛は濡れている時が一番ダメージしやすい時です。

乾かしている時に絡まった髪の毛を手で無理やり解いた経験はありますでしょうか?
できればそういったことがないように櫛で溶かすのをお勧めします。

また、可能ならば洗い流さないトリートメントをつけましょう。
意外と髪の毛どうしの摩擦でダメージしてしまうことが多いんです。
乾かした後もオイルなどで保護してあげる事で摩擦によるダメージを軽減できますよ!

②乾かすタイミング

髪の毛が長い人短い人関わらず、タオルドライの後は自然乾燥してしまう前に乾かしてください!

夏なら暑くて乾かすのが億劫になってしまったり、長い髪の毛で時間がかかり後回しになってしまいがちです。
わかります、私もそうなので…
しかし、自然乾燥してしまうとキューティクルが開いた状態のまま固まってしまうので艶が出づらくなり、指通りもイマイチ、さらには髪の毛どうしの摩擦によってダメージしてしまいます。

特に毛先の方は乾き切る前にドライヤーで乾かしましょう。

①と②を意識するだけでかなり質感が変わります!

ここからはもう1ステップ頑張れる方向けです。
時間があるときに試してみてください(^^)

③乾かし方

まず根本から毛先に向かって乾かしていきます。

水は上から下に流れる習性がありますので頭頂部や中間部が濡れているといつまでも毛先が乾かないからです。

(健康な髪の毛はすぐに乾いてしまいますので、根元に癖をつけたい人は自然乾燥する前に乾かしてください!)

ヘアセットをされる方は根本の立ち上がりなどを意識されるとベターです!
特に分け目や後頭部はいつもの癖やつむじの関係でセットしづらいですよね…
なので分け目に逆らったりいろんな方向に動かしてみたりすると自然な立ち上がりになりセットしやすくなります。

毛先は短い人ならすぐ乾いてしまいますが、ミディアムとロングの毛先はなかな乾きづらいですよね。

そんな時はまずタオルで包んでタオルごと温めると、布の繊維の間に熱気が溜まって毛全体に熱が当たるのでいつもより早く乾きます!

ーーーーーーーーーーーー!!ココ!ポイントです!!ーーーーーーーーーーー

毛全体の熱が冷める前に櫛、もしくはブラシを数回通してください!

服のアイロンがけや、髪の毛のアイロンは熱が冷める時に形を作ります。
その為、ドライヤーでも同じことが起こるのです。

この時形を整えているのは表面のキューティクルです!
キューティクルは毛先に向かって鱗状に形成されているので、
その方向を整えてあげることにより、
さらに艶感指通りがUPします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

④乾かし終わったら…

実は、乾かし終わった後もケアしたほうがいいのです。
ズボラな人(筆者然り)はもうこれ以上はめんどくさい〜!となるところですね…

前述のもありますが、髪の毛は普段からお互いに接触し合うたびに摩擦でダメージを受けています。

それを防ぐことも重要です。

まずはオイルなどをつけて、摩擦を軽減させること。

また、髪の毛が長い人は三つ編みなどにし髪の毛が動かないようにする策が取れます。
それ以外の人はどうするのか?

ナイトキャップをつけるのです…

最近はシルクのナイトキャップを使う人が増えてます。
シルクの成分が髪の成分がにており、尚且つ摩擦が少ないから起きた時の髪触りが格段に違うと評判なんですよ!

!以下は超上級者!

ロングの人、肩ぐらいのミディアムの人はドライヤーの時にブラシを使うとよりまとまりが出ます!
毛先の手の届く部分だけで十分です。

ブラシに髪を通した時に髪の毛が面状になると思うのですが、風の方向が毛先の方へ向くようにし、
髪の毛に対して45°の角度になるように調節しながら当ててください。
この時、ブラシと風の間に髪の毛があるとよりgoodです!

そうするとツヤも出ますしまとまりも出ますのでより美しくなります!
ただ、これはかなり上級者むけなので、実際にやるのはすごく難しいです。
時間がある時にチャレンジしてみてください!

以上は今日の夜から実践できるものをご紹介しました。

以下はその他注意する点をいくつかご紹介します〜!

・髪が濡れているときに無理やり梳かさない

 先ほども少し触れましたが、髪の毛は濡れている時が一番デリケートです。
 その状態で無理矢理な扱いはやめましょう!

・生乾きに注意!

 髪の中に水分が残っている状態はなるべく避けたいです!
 せっかく整えたキューティクルが内側の水分により、膨張し広がってしまいます。

・オーバードライに注意!

 上記を注意するあまりなりがちな現象です…
 とても矛盾してますよね(; ;)
 しかしこれも髪の毛がミイラになっている状態なので、
 ボロボロと中の成分が崩れやすくなってしまいます。

オーバードライを避けるには、乾いたかな…と思ったら一度冷風を当ててみましょう!
水分が残っているところはとても冷たくなります。

手で触った感じで冷たい箇所に温風を当ててちょうどいい水分量にできると美髪力が高まりますよ!

いかがでしたでしょうか?

ご紹介した内容はほんの一部でしかありません。
他にももっとたくさん対策の種類があります。

今回はストレートに近い髪質の人を想定したご紹介でした。
十人十色でこの方法が全人類に通ずるわけではないので、自分の髪質に合った方法を探ってみてくださいね!

パーマなどかけている人は、担当してくれた美容師さんに確認すると適切な方法を答えてくれますよ(^^)

以上、ドライヤーで美髪チャレンジでした!

ご精読ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中